言語によるプログラミングのアドバンスコース(3年目)

アドバンスコースではより高度なプログラムを作る

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室では、プログラミング体験をおこなうベーシックコース、プログラミングに慣れるミドルコース、言語によるプログラミングをおこなうアドバンスコースという3つのコースが用意されています。もちろん、それぞれでカリキュラムも異なります。

基本的にヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室のコースは、1年目がベーシックコース、2年目がミドルコース、3年目がアドバンスコースと段階的にレベルが上がっていきます。ミドルコースはベーシックコースを修了してからの受講になりますし、アドバンスコースに関してもミドルコースを修了してからの受講になるでしょう。

ミドルコース修了時点で「言語によるプログラミングがスムーズに始められる思考力・ITスキルを習得すること」を目指しており、アドバンスコースでは「より高度なプログラムを自分で考えて作る」ことを実践していくことになります。アドバンスコースは言語によるプログラミングということで、プログラミング教育における集大成とも言えるでしょう。

アドバンスコースは未定の部分も多い

アドバンスコースはヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室における集大成とも言えるものなのですが、実はヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室自体ができてからそう時間が経っていません。そのため、アドバンスコースに関しては未定となっている部分も多いのです。

例えば、アドバンスコースでは言語によるプログラミングをおこなっていくことになるのですが、アドバンスコースで使用する言語に関しては未定となっているのです。カリキュラムなどに関しても詳細が公開されていません。

アドバンスコースに関しては、おそらくこれから明らかになっていく情報も多いかと思います。情報をチェックしておきましょう。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です