2020年からはじまるプログラミング教育対応。小学生向けプログラミング教室とロボット教室

目次

小学校でのプログラミング教育が必修化

意外に知られていない小学校でのプログラミング教育の必修化

2020年度より順次施行される新学習指導要領では、小学校から高等学校の各学校で「プログラミング教育」が必修化されることになっています。小学校と中学校に関しては全面実施となりますので、施行時の学年に関係なく2020年度からは小学生が新しい学習指導要領の教科書で勉強することになります。

子育てをしている親御さんであれば、プログラミング教育の必修化については知っていそうなものです。しかしながら、意外なことにこのプログラミング教育の必修化については知らないという親御さんのほうが目立つのです。

要は、必要だと判断されたからこそプログラミング教育の必修化がおこなわれているものの、その認知度は思っている以上に低いのです。

プログラミング教育への誤解も

先でもお話ししましたように、プログラミング教育の必修化についてはまだまだ認知度が低い傾向にあります。しかも、プログラミング教育への誤解というものもあります。

というのも、プログラミング教育については見聞きしたことがあるものの、正確に内容を把握しているわけではないという方も多いのです。中にはイメージのみで語っている方も少なくありません。

特に、プログラミングが必修科目になると思っていたり、プログラミングのための授業ができるようになるものと思っていたりするケースが多いようです。他にも授業の中でアプリを作ったり、パソコンを使った授業が多くなったりすると思っている方もいるでしょう。

そもそもプログラミングという科目ができるわけではないのです。小学校のプログラミング教育に関しては、あくまでも教科学習の中にプログラミングが入ってくるというだけの話なのです。

プログラミング教育の必修化がもうすぐそこまで来ています。これをきっかけにプログラミング教育について正しく理解しておきたいものです。

近い将来の人工知能(AI)に対応した人材育成が目的

人工知能(AI)に対応した人材を企業が血眼になって探している

ご存知のように人工知能(AI)というのは、さまざまなところで生かされています。少し前までは近未来的なものとされていた人工知能(AI)が気づいたらもう身近なところにあふれているのです。

例えば、スマートフォンです。スマートフォンに話しかけて何かを調べてもらう、操作をしてもらうというのは、もはや当たり前のこととなりました。

スマートフォン以外の家電などにも人工知能(AI)は搭載されています。これからはまさに人工知能(AI)の時代なのです。

だからこそ、企業は人工知能(AI)に対応した人材を血眼になって探しています。そういう人材のことを「AI人材」と言うようにもなっています。

時代によって求められる人材は異なってきますが、これからの時代は人工知能(AI)に対応した人材、AI人材が求められるのです。時代が進めば進むほど、より強く求められることになるでしょう。

人材を育成しないと間に合わない

先では人工知能(AI)に対応した人材を企業が血眼になって探しているという話をしました。これは言ってしまえば、そういう人材が足りていないということでもあります。

人材が足りていないからこそ、血眼になって探しているのです。しかしながら、時代が進んでいけば進んでいくほどそういった人材は求められるようになります。

だからこそ、プログラミング教育で人工知能(AI)に対応した人材を育成していかなければいけないのです。今からプログラミング教育で人工知能(AI)に対応した人材を育成していかないと、間に合わないと言ってもいいでしょう。

ちなみに、プログラミング教育というのは親御さんにしてみるとお子さんを求められる人材にするために必要不可欠なこととも言えるでしょう。プログラミング教育はこれから先の時代には欠かすことのできない教育のひとつというわけです。

プログラミング教育とはプログラム言語を覚えることが目的ではなくコンピューターを通して論理的に考える力を育てるのが目的

プログラミング教育で重要なのは論理的思考

プログラミング教育というと、やはりプログラミングをおこなっていくための教育と思ってしまいがちです。プログラミングのためにプログラム言語を覚えて……といったイメージを持っている方も実際に多いでしょう。

ただ、プログラミング教育においては、プログラミングのためにプログラム言語を覚えるといったことが目的になるわけではありません。意外に思われる方も多いでしょうが、プログラミング教育における目的というのはコンピューターを通して論理的に考える力を育てることなのです。

要は、プログラミング教育を通して、論理的思考というものを身につけていくのです。

論理的思考は常に求められるもの

プログラミング教育の目的は、コンピューターを通して論理的に考える力を育てることだという話をしました。論理的に考える力がまさに論理的思考ということになってくるのですが、この論理的思考というのは常に求められるものです。

特に、昨今では感情的になってしまった結果のトラブルというものがかなり多くなっています。もちろん、感情自体は人間にとって必要不可欠なものなのですが、その感情に振り回されてしまうといいことはありません。

しかしながら、感情を持ちつつも論理的思考を身につけることができれば、感情に振り回されることも少なくなるでしょう。物事を順序立てて考えるようになりますし、落ち着いて考えるということもできるようになります。

人間関係を良好にしてくれるだけではなく、子どもの頃からプログラミング教育を受けることによって大人になったときに求められるような人材になります。今を生きる上でも、将来的なことを考えてもプログラミング教育によって論理的思考を身につけることはとても重要なことなのです。

有名私立小学校では生徒1人に1台の専用タブレット・ノートPCや電子黒板が採用されているICT教育

そもそもICT教育とは?

有名私立小学校では生徒ひとりに1台の専用タブレット・ノートPCや電子黒板が採用されているそうですが、そもそもICT教育とはどのようなものなのでしょうか?ICT教育というのは簡単に言ってしまうと、情報通信技術を教育で活用していくことです。

ICTというのは、「Information & Communication Technology」の頭文字をとった略称です。日本語に訳すのであれば、情報通信技術です。一般的によく見聞きする「IT」と同じような意味ととらえて問題はありません。

具体的にどのようなものがICTに当てはまるのかというと、インターネットやタブレット、デジタルコンテンツなどが挙げられます。これらを活用していく教育がICT教育というわけです。

ICT教育であれば、授業もわかりやすくなりますし、何よりも効率的に進めていくことができます。お子さんたちも楽しく学ぶことができるでしょうし、学校教育の中でデジタル機器に馴染むことができます。

すでに進んでいるICT教育

先でもお話ししましたように、有名私立小学校では生徒ひとりに1台の専用タブレット・ノートPCや電子黒板といったものが採用されています。もちろん、私立だからこそできる部分もあるのでしょうが、時代はもうここまで進んでいるのです。

今は私立の小学校が採用している特殊なことと思われるかもしれませんが、プログラミング教育が浸透していくことによって今私立の小学校で採用されているこのやり方が当たり前になる可能性があります。というよりも、そうなる必要があるとも言えるでしょう。

親御さんの世代からすると贅沢に思えるかもしれませんが、これからの時代はこれが必要な教育ということになってくるのです。必要な教育のための必要なツールということになるのでしょう。

有名私立小学校ではICT一環としてタブレット・ノートPCは富士通製品が採用されている

富士通はICT教育に積極的

基本的に私立の学校では世間が驚くようなことをやっていることも少なくありません。そういった中で、有名私立小学校ではICTの一環としてタブレット・ノートPCは富士通製品を採用しています。

小学校の時点でタブレットやノートPCを採用しているというだけでもかなり驚きではあるのですが、さまざまな製品の中でなぜあえて富士通製品を採用しているのでしょうか?それはズバリ、富士通がICT教育に積極的だからです。

もちろん、富士通以外のところが消極的というわけではないのですが、富士通ではICT教育へと積極的にアプローチをおこなっているのです。それも国内だけではなく、海外でもおこなっています。

つい最近では、タイの日本人学校でタブレットを活用したICT教育を開始したことが発表されました。ICT教育にこれだけ力を入れることができるということは、ICT教育に理解を示しているということでもあります。

だからこそ、富士通製品が採用されているのでしょう。

ICT教育が当たり前になる日は近い

有名私立小学校でICT教育が採用されていることについては、各種メディアで見聞きしたことがあるという方も多いでしょう。おそらく現時点ではほとんどの方が「私立だから」と考えているのではないでしょうか?

ただ、現時点では私立小学校だからこそできることに思えるようなICT教育もそのうち当たり前になっていくことでしょう。プログラミング教育というのもその流れのひとつなのです。

親御さんにしてみると不安なところもあるかもしれませんが、ICT教育によって楽しみながら勉強ができるようになりますし、勉強も効率的に進められるようになります。何よりも子どもの頃からそういった機器に触れることが将来的にお子さんにとってのプラスになるのです。必要な投資というわけです。

2020年教育改革で何が変わる?

変わりゆく時代に対応するための2020年教育改革

時代は変わりゆくものですが、ここ最近の変化というのは目覚ましいものです。携帯電話でメールをするのが主流だった時代はすぐに過ぎ去り、今は誰もがスマートフォンでLINEをしています。

時代の流れが速くなっているのです。だからこそ、これから10年先、20年先というのは思っている以上に劇的に変わっていくことでしょう。

例えば、あと10年から20年で49%の職業が機械に代替される可能性があるという話もありますし、2011年にアメリカに小学校に入学した子どもたちの65%が今は存在していない職業に就くだろうとも言われているのです。そして、現在の小学1年生が22世紀を迎える確率は53.8%だと言われています。

変わりゆく時代の中で生き抜けるように、教育というものも見直していかなければいけません。2020年教育改革は、まさにそのためのものなのです。

2020年教育改革で何がどう変わるのか?

2020年教育改革ではまず学校教育が変わります。これまでは学んだことをきちんと理解しているかという部分が大きかったのですが、これからはどのような力を身につけるのか、何ができるようになるのかといった踏み込んだ教育をおこなっていくことになります。

先生からの一方通行の授業ではなく、生徒自身が主体的・能動的に参加する授業・学習へと変わっていくことになるのです。もちろん、教科・科目の構成や目標・内容といったものも新しくなります。

また、2020年教育改革では、大学入試も変わります。これまではマークシート形式のセンター試験が採用されていましたが、これからは記述式問題が加わった大学入学共通テストが採用されることになります。

英語に関しては聞く、読む、話す、書くという4つの技能が評価されるようになりますし、個別試験や私立大学試験に関しては多面的な能力や適性を評価する試験へと変わっていきます。

2020年英語改革で何が変わる?

小学校から英語の勉強が始まる

グローバルな社会に対応できるように、小さい頃からお子さんに英語教育をおこなっているという親御さんも多いでしょう。ただ、2020年英語改革で小学校からお子さんは英語を勉強するようになります。

3年生と4年生では「外国語活動」、5年生と6年生では「英語」が教科化されることになります。これまでに比べると2020年英語改革で英語に触れ、学ぶ機会がぐっと多くなるということです。

もう1点忘れてはいけないことがあります。それはズバリ、中学受験です。2020年英語改革で小学校から英語の勉強をおこなっていくことになるのですが、これによって中学受験でも英語の試験が導入されることになるのです。

小学校から英語を勉強することになりますので、中学校で勉強する内容もより高度になるでしょう。小学生の時点で英語への苦手意識を持ってしまうと、厳しい部分も出てくるかもしれません。

大学入試での英語が変わる

かつての大学入試では、英語というのは基本的に読むだけでOKでした。しかしながら、リスニングが導入されたことによって、聞くことも求められるようになりました。

これまでは英語に関しては読む、聞くだけでOKだったのですが、2020年英語改革によって話す、書くといったことが求められるようになります。つまり、2つの技能から4つの技能が求められるようになるのです。

ただ、その一方で、資格・検定試験を活用できるようにもなります。活用できる資格・検定試験は7種類あり、GTEC、ケンブリッジ英語検定、TOEFL、IEALS、TOEIC、TEAP、実用英語技能検定となっています。

2020年英語改革によって、学校での勉強や試験といったものが大きく変わってくるのです。変化についていくのは大変かもしれませんが、今の時代には必要なことですし、将来のことも考えて英語には力を入れていきたいところです。

2020年大学入試改革で何が変わる?

大学入試センター試験から大学入学共通テストへ

2020年大学入試改革では、大学入試センター試験から大学入学共通テストへと変わることになります。名前だけではなく、試験の形式も変わってきます。

大学入試センター試験では、出題形式としてマークシート式が採用されていました。ただ、大学入学共通テストでは国語と数学において記述式問題が導入されることになります。

マークシート式というのは、ご存知のように問題がまったくわからなくとも運だけでどうにかなってしまう部分もあります。しかしながら、記述式の問題は運だけではどうにもなりません。

一部で記述式問題が導入されるという形にはなるものの、運だけでは乗り越えられない試験になってくると言えるでしょう。

また、英語に関しても変わってきます。大学入試センター試験では英語は聞く、読むという2つの技能だけでOKでした。

しかしながら、大学入学共通テストでは聞く、読むという2つの技能に加えて、話す、書くといった技能が求められることになります。4つの技能が求められるようになるのです。

選抜に使う材用も多様化する

先でもお話ししましたように、英語に関しては聞く、読むという2つの技能から、聞く、読む、書く、話すという4つの技能が求められるようになります。ただ、英語に関しては活用可能な資格・検定試験というものが設けられています。

英語に関しては英検として知られている実用英語技能検定やTOEFLなどの合計7種が挙げられます。

また、現在のAO入試にあたる総合型選抜・現在の推薦入試にあたる学校推薦型選抜においてはそれぞれの大学が定め実施する評価方法、もしくは大学入学共通テストのいずれかの活用が必須となります。一般選抜においても、筆記試験以外に調査書・本人が記載する学習記録、成果などを積極的に加えて評価することになるのです。

このようにより多面的に、総合的に評価していくことになるのです。

グローバル化に備える=英語、情報化に備える=プログラミング

グローバル化には英語は欠かせない

現在、大人になっている方の中で学生時代に英語を勉強したという方はかなり多いかと思います。単語帳を使って英単語を覚えていたという方も多いでしょう。

ただ、そういった学校の勉強だけで英語を話せるようになっている方はほとんどいないかと思います。それどころか、大人になるにつれてどんどん知識が抜けていって、簡単な英会話ならかろうじてわかるというレベルになっている方も多いでしょう。

しかしながら、社会ではグローバル化が進んでいます。日本の企業でも社内での公用語を英語にしているところが目立つようになりました。

海外から日本に来る人、日本から海外に行く人が多くなり、誰もが気軽に国と国とを行き来できるようになりました。そんな時代になっているからこそ、英語というのは必要になってきているのです。

海外でも英語が話せれば、とりあえずどうにかなるものです。グローバル化はこれから先、どんどん進んでいく一方です。英語の必要性や重要性というのは、言うまでもありませんし、これらの時代を生き抜いていくためには欠かすことのできないものと言ってもいでしょう。

プログラミングで情報化に備える

今の時代は情報化社会です。誰もがインターネットを使えるようになっていますし、そのためのツールを持っています。

そして、そのインターネットを利用すると数多くの情報を入手することができます。たったひとつのキーワードでも数多くの情報がヒットするような状態ですので、情報過多と言ってもいいかもしれません。

そういった情報化社会の中で生き抜くためには、プログラミングが欠かせません。プログラミングに関する知識はもちろんですが、情報過多の時代だからこそ論理的な思考というものが必要になってくるのです。

英語と同じく、プログラミングもこれからの時代には欠かすことのできないものなのです。

10年後には49%の職業が機械に代替される可能性がある

時代とともに消えていく職業もある

職業というのは、時代とともに変わっていくものです。昔あった職業がなくなることもあれば、新しい職業が生まれることもあります。

つまり、今ある職業も将来的になくなる可能性があるのです。そういった中で、「10年後には49%の職業が機械に代替される可能性がある」という話を見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか?

例えば、これまで手作業でおこなっていた仕事もロボットなどの機械によってできるようになってしまいました。ロボットなどの機械であれば設備投資は必要になりますが、人件費はかかりません。

人件費がかからなければ、その分、利益もアップするでしょう。その結果、手作業で仕事をしていた方が職を失うということになるのです。

今の時代は機械化や機械による全自動化といったものも進んでいます。機械に職業がとられてしまうというのは、決して大げさな話ではないのです。

機械に代替されないような人材育成が求められる

先でもお話ししましたように、「10年後には49%の職業が機械に代替される可能性がある」という話は大げさなものではありません。十分にあり得る話なのです。

そうなってくると、10年後には今仕事をしている方の半数近くが職を失うことになります。職を失う人が多くなってくると、社会も経済も停滞してしまうでしょう。

これは由々しき事態ですし、絶対に避けなければいけない未来です。そのためには、機械に代替されないような人材を育成していく必要があります。

要は、機械にはできないことをできる人材が必要になってくるのです。そうすることによって、人々は職を得ることができますし、これから先の時代を生き抜くことができるでしょう。

これを実現するためには、教育から変えていかなければいけません。そのひとつのアプローチがプログラミング教育とも言えるのではないでしょうか?

子供達の65%は今は存在しない職業に就くだろうと予想される

子どもたちの未来は今とは大きく異なる

「子どもたちの65%は今は存在しない職業に就くだろうと予想される」という話を見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか?大げさな話かと思っている方もいるかもしれませんが、これは十分にあり得る話です。

というのも、今を生きている子どもたちの未来は今とは大きく異なるものだと予想されるからです。ここ最近になって、時代の流れの速さというものを実感している方も多いのではないでしょうか?

ポケベルから携帯電話になり、携帯電話からスマートフォンになり……と何気ないツールでも大きな変化が起こっています。さまざまな機能が搭載されているスマートフォンによって、消えてしまった商品やサービスもあるでしょう。

今の時代がずっと続くというわけではありません。これまでの流れを考えると、子どもたちが大人になる頃にはもっと劇的に時代は変わっているはずなのです。

今ある職業がなくなり新しい職業が誕生する可能性が高い

ご存知のように今の時代は機械化が進んでいます。これによって、すでに多くの方が職業を失っているでしょう。

機械化が進むことによって、今ある職業がなくなっていくのです。しかしながら、その代わりに新しい職業が誕生することにもなるでしょう。

だからこそ、「子どもたちの65%は今は存在しない職業に就くだろうと予想される」という話が真実味を帯びてくるのです。ただ、そのためには従来と同じ教育では間に合わないでしょう。

今は存在しない職業に就くだろうと予想される子どもたちのためには、何が必要なのでしょうか?それは先の時代でも活躍できるような人材になるための教育です。

つまり、今までの教育からガラリと変えていく必要があるのです。そのためのひとつのアプローチがプログラミング教育というわけです。子どもたちの未来のためにも必要なものなのです。

約1/3の企業が留学生を採用するだろうと予想される

留学生を採用する企業は増えている

最近、コンビニなどでも留学生が働いている姿をよく見かけるという方も多いのではないでしょうか?下手すれば、日本人が見当たらないようなこともあります。

コンビニなどで見かける留学生はアルバイトでしょうが、アルバイトも含めて留学生を採用する企業というのはかなり増えています。やはり人件費の安さも関係しているのでしょう。

今後、留学生を採用する企業はどんどん増えていくでしょうし、約3分の1もの企業が留学生を採用すると考えられています。つまり、本来であれば日本人が採用されるところに人件費の安い留学生が入り込むことになり、日本人が採用される可能性がぐっと減ってくるのです。

では、どのように対抗していけばいいのでしょうか?それはズバリ、付加価値です。

留学生にはないようなものを持っていれば、仮に人件費が高くなっても企業は採用してくれることでしょう。そのためには、将来的に活躍するであろう知識や技術といったものを身につけていかなければいけないのです。

留学生に期待されている英語力を身につけることで対抗できる部分も

留学生は人件費が安いという話をしましたが、それだけではありません。留学生には英語力といったものも期待されています。

英語が話せるからこそ、留学生を積極的に採用しているという企業も多いのです。つまり、英語力を期待して留学生を採用している企業であれば、日本人でも英語力があれば採用される可能性は高くなります。

日本人の場合、母国語である日本語は当然話せるわけですから、そこにプラスして英語も話せるということであれば企業も安心して採用することができるでしょう。留学生は英語ができても、日本語はそこまでというケースが多いものです。

このように、今後、留学生が多く採用されるであろうからこそ、対抗するための強みを持っておく必要があるのです。

主体的・対話的で深い学びが求められる22世紀へ

これまでは一方通行の教育だった

今大人として生きている方であれば、自分が学生の頃のことを思い出してみましょう。学校での教育というのは、先生が教えてくれることをひたすらインプットするものだったのではないでしょうか?

漢字を覚え、英単語を覚え、方程式を覚え……という単純作業の繰り返しで、先生は一方的に情報を与えてくれるだけだったことでしょう。もちろん、先生によっては違ったやり方をする人もいたでしょうが、基本的には一方通行な教育だったはずです。

ただ、こういった教育を受けてきた方の多くがいわゆるマニュアル人間になっているのではないでしょうか?教科書通りに勉強をしてきた方だからこそ、社会人になってもマニュアル通りになってしまうのです。

というよりも、そういう教育を受けてきたからこそ、そういうやり方しかできないのです。もちろん、これも一概には言えないものですが、やはりそういった方は多いものです。

これからは主体的で対話的な深い学びが求められる

時代は目まぐるしく変わっていくものですが、特に最近は時代の変化するスピードが速くなっています。時代が変われば、そこで求められる教育も変わってきます。

従来のままでは時代についていけなくなってしまうのです。

機械化が進んだことによって、マニュアル通りにやるべきことというのはすべて機械がやってくれるようになります。すでに単純作業は機械に任せているというところがほとんどです。

つまり、マニュアル人間のままでは機械に負けてしまうのです。そうなってくると、自分で考えて臨機応変に対応できるような人間が必要になってきます。

では、自分で考えて臨機応変に対応できるような人間になるためにはどうすればいいのでしょうか?そこで必要になってくるのが主体的で対話的な深い学びを得られる教育なのです。プログラミング教育はまさにそのひとつなのです。

暗記学習からアクティブラーニングへ

従来の暗記学習はこれから先あまり役には立たない

学生時代に単語帳を使って、漢字を覚えるといったことをしていた方も多いのではないでしょうか?漢字のテストといったものも実施されていたでしょう。

これは一種の暗記学習なのですが、インプットしたことをそのままアウトプットするという形になるかと思います。ただ、それが正解となると満足感を得られたのではないでしょうか?

もちろん、こういった暗記学習がまったく無意味だったとは言えません。今の時代でも十分に役立っている部分はあるでしょう。

しかしながら、これから先の時代を考えたときにこういった暗記学習というのはあまり役に立たなくなってくるのです。というのも、何かをインプットしてアウトプットするという単純作業は、機械に任せられるような時代になっているのです。

要は、すでに暗記学習で間に合うようなことは機械の領分になってきているのです。

機械化が進んでいるからこそアクティブラーニングが必要に

アクティブラーニングというのは、主体的・対話的で深い学びのことを指します。これからの時代は先生から一方的に情報を受けとるのではなく、自分自身が主体的・能動的に参加する授業・学習が必要になってきます。

発見学習や問題解決学習、体験学習、調査学習、グループワーク、ディベート、教室内でのグループディスカッションといったものがアクティブラーニングになってくるかと思うのですが、こういった思考を巡らせる教育が求められているのです。機械にはできないことを人間がおこなっていくために、こういった教育が必要になってくるのです。

例えるのであれば、これまでの暗記学習ではマニュアル通りの対応しかできませんでした。しかしながら、アクティブラーニングによってマニュアルに載っていないようなケースでも自分で考えて臨機応変に対応できるようになるのです。

これから先はまさに後者が求められるのです。