力学、動力の仕組みを体感として学ぶ

理科の知識を体感しながら学べる

ロボット教室では、文字通り、ロボットを作っていくことになります。ただ、ロボットの形をしていても動かなければ人形やフィギュアと同じです。

ロボットは動いてこそロボットなのです。そのため、ロボットにはギアやモーターといったものが必要になってきます。

ギアやモーターといった動力があるからこそ、ロボットが動くようになるのです。ロボット教室ではこういったギアやモーターの動力としての仕組みといったものも学んでいくことができます。

それだけではなく、「てこの原理」や「摩擦の力」といった理科の知識をしっかりと身につけていくことができるのです。自分が作りたいロボットを通して、体感しながら学んでいくことができるのは大きな魅力です。

体感しながらの学びだからこそ、より深く身につけることができるのです。

苦手意識を持たれやすい理科を楽しみながら学べる

さまざまな教科がある中で、理科というのは苦手意識を持たれやすいものでもあります。好きな人はとことん好きになりますが、嫌いな人はとことん嫌いになるという極端な部分もあるのではないでしょうか?

しかしながら、好き嫌いがわかれ、苦手意識を持たれやすい理科であってもロボット教室であれば苦手意識を持つことなく楽しみながら勉強をしてくことができるのです。言うまでもなく、お子さんにとってのプラスになります。

苦手意識を持つ前に理科の楽しさを知ってもらうという形でもアプローチできますし、苦手意識を持ってしまったからこそそれを払拭するためにロボット教室で勉強するという形でもアプローチできます。どちらにしても理科の楽しさを体感できるのです。

ロボットという興味を持たざるを得ない題材だからこそ、理科だからといって抵抗感を持つことなくすんなりと学んでいくことができるのです。楽しみながら体感できるというのは、まさにベストなやり方です。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です