ロボットを思い通りに動かすための手段としてプログラミングを学べる

ロボットを通してプログラミングを学ぶ

プログラミングというと、親御さんにしてみるととてもハードルの高いものというイメージがあるのではないでしょうか?複雑な文字列を目の前にして、「ああでもないこうでもない」とうんうん唸っている姿を思い浮かべる方も多いかと思います。

ただ、プログラミングというのは実際に勉強をしてみるとそこまで難しいものではありません。基礎から勉強していけば、お子さんでも十分に学んでいくことができるのです。

そこで、気になってくるのがお子さんのモチベーションです。ロボット教室ではお子さんのモチベーションを高めるためにも、ロボットを通してプログラミングを学べるようにしているのです。

子どもであれば興味を持たざるを得ないロボットをひとつのテーマとすることによって、積極的に楽しみながらプログラミングを学んでいくことができるのです。

ロボットを思い通りに動かすために思考を巡らすことができる

ロボットというのは、ただ置いてあるだけでも子どもの興味や関心を引き出してくれるものです。しかしながら、ロボットがあればやはり思い通りに動かしたいと思うものです。この感覚は、親御さんにもわかるでしょう。

ロボットを思い通りに動かすために必要となってくるのがプログラミングなのですが、既存のプログラムでは既存の動きしかできません。そのため、自然と思い通りに動かすためにはどうすればいいのかと思考を巡らすようになるのです。

もともとプログラミング教育というのは、論理的な思考を身につけることが目標です。ロボットを通してプログラミングについて学び、その中で思考を巡らすことはまさに論理的な思考を身につけることにつながってくるのです。

ロボットが題材になっているからこそお子さんは楽しみながら学んでいくことができますし、その中で重要なものを身につけていくことができるのです。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です