プログラムを改造し思考力や判断力が身につく

思考力や判断力を身につけることができる

例えば、ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室ではパソコンの操作から始まり、プログラムの作成を経て、プログラムを改造するステップに入ります。このステップでは、自分で考えることが重視されるようになります。

プログラムを自分なりに改造し、プログラミングで目標を達成するという体験を得ることができるのです。どのように改造するのかその改造内容を自分自身で検討していくことになります。

できる限り考える機会を設けるようになっているからこそ、思考力や判断力といったものを身につけていくことができるのです。単純作業ではなく、作業をしながら「こうしたらどうなるかな?」「こうするためにはどうしたらいいのかな?」と考えを巡らすことができるのです。

大人になってからも求められる思考力と判断力

先でもお話ししましたようにプログラムを改造することによって、思考力や判断力といったものを身につけることができます。作業をしながら考えを巡らすことができるのですから、当然と言えば当然です。

ただ、この思考力と判断力というのは大人になってからも求められるものです。つまり、お子さんの将来にとって確実にプラスとなるのです。

ひとつの物事をさまざまな角度から見て、考えることによって臨機応変な対応ができるようになります。判断力がつくことによって、物事における正しい判断ができるようになるでしょう。

これらは学校生活でも欠かせないものですが、大人になってから、特に社会人になってから大いに役立つものです。今後、人間の仕事は機械にとられる可能性が高く、機械にはできないことが人間に求められるようになります。

だからこそ、思考力や判断力といったものになってくるのです。プログラミング教室はこのようにお子さんが求められる人材になるのをサポートしてくれるといってもいいでしょう。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です