プログラムを作成しITや集中力が身につく

ITスキルや思考力を身につけられる

例えば、ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室ではパソコンを操作できるようになったら、実際にプログラムを作成していくことになります。プログラムの作成というと得体のしれない言語が並んでいる難しいものというイメージがあるかもしれませんが、お子さんにとってもわかりやすく楽しめるような仕様となっています。

プログラムを作成しながら学んでいくことができますので、実践型のカリキュラムとしてお子さんもモチベーションを高めることができるでしょう。実際に「やればできる!」という成功体験をもたらしてくれるので、お子さんも自信を持てるようになります。

実践型のカリキュラムの中で、成功体験を積み重ね、自信を育むことができるのです。しかも、その中でしっかりとITスキルや思考力を身につけていくことができるのです。

これからの時代に欠かせないITスキルと思考力

言うまでもなく、今の時代はパソコンを使う機会が多いです。学校でも当たり前のようにパソコンに触れるでしょうし、宿題の中にはパソコンを持っていることを前提にしたものもあるでしょう。

社会人になってからもパソコンを使う機会はあります。学生の頃よりもその機会は多くなるかもしれません。

つまり、プログラム作成を通してITスキルを身につけるのは、学校での勉強はもちろん、社会人になってからも役立つことなのです。時代が進めばパソコンに触れる機会はもっと増えていくことになるでしょう。

また、思考力というのはプログラミング教育における目的でもあります。その目的をまさに身につけることができるのです。

物事を順序立てて考えられるようになるのはもちろん、ひとつの物事をさまざまな角度から見て分析できるようにもなるでしょう。機械化が進んでいくこれからの時代の中で、人間の持つ思考力は大きな強みにもなってくるのではないでしょうか?


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です