プログラミング体験のベーシックコース(1年目)

パソコンに慣れるところから始めるベーシックコース

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室において、ベーシックコースというのは第一段階になります。一番簡単なところから始めるコースになります。

パソコンに慣れるところから始めていくことになりますので、お子さんにとっても親御さんにとっても安心できるコースと言えるでしょう。難しいことはありませんので、自信のないお子さんも少しずつ自信をつけていくことができるかと思います。

受講対象となるのは、小学校3年生からとなっており、ヒューマンアカデミーのほうでも推奨されています。受講期間は1年間となっており、月に2回の90分授業となります。

お子さんにとっては90分というのは長く感じられるのでは……と不安に思われるでしょうが、楽しみながらできる内容なので苦にはならないでしょう。月に2回という頻度もちょうどいいのではないでしょうか?

ベーシックコースのカリキュラム詳細

ベーシックコースのカリキュラム詳細ですが、ベーシックコースはスタートアップ講座から始まります。入会時に受講するレッスンなのですが、本編の授業に備えるためのものです。

1回目では謎解きをしながらパソコンツールの基本操作を習得していきます。2回目と3回目では、指定のプログラムの作成をおこなっていくことになります。

4回目と5回目では、プログラムの改造検討と作成をおこなっていきます。2回目と3回目で作成したプログラムの改造を考えて、プログラムを作成していきます。

そして、最後に改造内容の発表があります。プログラムの改造検討と作成という形で、「改造内容を選んだ理由」「苦労・工夫した点」「解決方法」などを発表していきます。

他の生徒さんの発表も聞くことになるのですが、その中で人それぞれの多様な考え方に触れ、自分自身の発想を広げるきっかけを作ることもできるのです。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です