ブロックに触れながら試行錯誤し発想力が育つ

ブロックで組み立てるロボットだからこそ発想力が育つ

ロボットというと、通常、複雑なパーツを組み合わせて、うんうん唸りながら組み立てていくものというイメージがあるのではないでしょうか?しかしながら、ロボット教室はあくまでもお子さん向けのものですので、一般的に想像されるような複雑なパーツはあまり目立ちません。

ロボット教室では、ロボットをブロックで組み立てることになります。ブロックに触れながら試行錯誤をし、考えることになります。

このブロックに触れながら試行錯誤をし、考えるという行為が発想力につながってくるのです。試行錯誤をし、考えるからこそ、さまざまなアイディアが生まれてくるのです。

お子さんは無意識のうちに、「こうするためにはどうしたらいのか」「こうしたらどうなるのか」といったことを考えるようになります。ひとつの物事に対して、さまざまな可能性を見出すことができるとも言えるかもしれません。

ブロックで組み立てるロボットだからこそモチベーションも高まる

もともとロボットというのは、お子さんにとって興味を持ちやすい題材です。というよりも、興味を持たざるを得ないと言ってもいいかもしれません。

ロボットというだけでも興味津々なのに、そこにブロックという要素が加わるとこれはもう最強の組み合わせと言えるのではないでしょうか?実際に、親御さんでもブロックで組み立てるロボットとなると興味がわいてくるかと思います。

何かを学ぶ上で、モチベーションというのはとても大切になってきます。ロボット教室では、ブロックで組み立てるロボットを採用することによってお子さんのモチベーションを高めることができるのです。

お子さんにしてみれば、楽しんでいるうちに必要なものが身につけられるという感じでしょう。遊びの延長線上で、必要なものを身につけられるのですからこれ以上のことはありません。


ヒューマンロボット教室 体験授業実施中

全国1,100教室以上で開講!『ヒューマンロボット教室』 あのロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です