ヒューマンアカデミーロボット教室を監修してくださっている先生方をご紹介します

ロボットクリエイター高橋智隆先生はどんな人?

小学生のプログラミング教室とロボット教室

ヒューマンアカデミーロボット教室を監修したのは、ロボットクリエイターである高橋智隆先生です。では、高橋智隆先生はどのような方なのでしょうか?

高橋智隆先生は2003年に京都大学工学部物理工学科を卒業し、それと同時に京都大学学内入居ベンチャー第1号となるロボ・ガレージを創業しました。ロボットクリエイターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作を手がけています。

代表作としてはロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)といったものが挙げられます。大手企業との共同開発をしていることもあり、かなり有名な方であることがわかります。

ロボットクリエイターという肩書きだけではなく、東京大学 先端科学技術研究センターの特任准教授という肩書きも持っています。ヒューマンアカデミーロボット教室を監修するにはまさに最適な人物なのです。

高橋智隆先生が監修しているコースは?

ヒューマンアカデミーロボット教室においては、プライマリーコース、ベーシックコース、ミドルコース、アドバンスプログラミングコース、ロボティクスプロフェッサーコースという5つのコースが用意ざれています。高橋智隆先生はこの5つのコースにおいて、プライマリーコース、ベーシックコース、ミドルコース、アドバンスプログラミングコースという4つものコースを監修しているのです。

ヒューマンアカデミーロボット教室においてそのほとんどのコースを監修している高橋智隆先生ですので、まさにヒューマンアカデミーロボット教室には欠かすことのできない存在と言えるでしょう。ロボットクリエイターだからこそヒューマンアカデミーロボット教室でさまざまなコースを監修し、多くの子どもたちを楽しませることができているのでしょう。

ロボティクスプロフェッサーコースの古田貴之先生とは?

小学生のプログラミング教室とロボット教室

先でもお話ししましたように、ヒューマンアカデミーロボット教室には5つのコールがあります。その中でももっともレベルの高いロボティクスプロフェッサーコースを監修しているのが古田貴之先生なのです。

では、古田貴之先生はどのような方なのでしょうか?古田貴之先生は工学博士であり、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長でもあります。

未来ロボット技術研究センター(fuRo)は学校法人千葉工業大学のロボット研究拠点で、日本で初めての法人直轄の研究所として2003年6月に誕生しました。福島第一原発に投入された国産ロボットの開発など多くの国家プロジェクトを手がけていることでも知られています。

もっともレベルの高いロボティクスプロフェッサーコースを監修している

ヒューマンアカデミーロボット教室のロボティクスプロフェッサーコースというのは、本当にレベルが高く、さまざまなものを身につけることができます。ただ勉強するのではなく、将来的にロボット産業で活躍できるような人材育成のためのコースでもあるのです。

古田貴之先生の千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長という肩書きはもちろん、これまでの国家規模のプロジェクトなどの実績を考えればまさに適任と言えるのではないでしょうか?こういったプロフェッショナルを採用しているからこそ、ヒューマンアカデミーロボット教室は評価されているのでしょう。